終戦記念日

  • 2013.08.16 Friday
  • 01:26
 既にその日を過ぎてしまいましたが終戦記念日でしたね。
この「記念日」と言うのはそれぞれの世代によって大分
意味が変ってくる物だと思います。

国民一括して言える事は「戦争が終わって良かった」と言える事でしょうが
私の祖父は零戦の整備士だったらしく、既に祖父も13年前に亡くなっているので
詳しい話は聞けなかったのですが、母から聞くと滑走路から飛び立つその人達は
二度と帰ってこないのだと思いながら見送りしていたそうです。

終戦して68年。家族を失った人は計り知れないでしょうし
逆境から立ち上がった方、子孫を残す事もその一族が消滅してしまった方
も多いのだろうと思います。
この人達の事を考えると戦争は永遠の物になってしまっているのだと
思うのです。

世のニュースでは某国が謝罪しろなどの事をよく言っていますが
確かに日本は戦時中、敵国に大して非人道的な事をしたのでしょう。
私は過去の人間ではなくその場に居合わせない時代に生まれたのですから
詳細など知りません。また、国が細かく当時の状況説明などしないでしょう。
真実を知るのはその場に居合わせた人達だけです。
おそらく、その方々も存命か否かな時代になってきた事でしょう。

ただ、あの悲惨な状況の映像などを見ていて思う事は
「殺せ殺せ、奪え奪え」の状況で人なんか簡単に洗脳
出来るはずです。
それはどの国も同じ事でしょう。責任の擦り付け合いは今でも
続いてる事に悲しくなります。
どの国も犯した罪を認めればこんな事にならずに戦争なんか二度とするもの
かと思えるのじゃないか・・・そう思います。

今日は真面目に考えていた一日でした。
空を見上げては68年前の空には焼夷弾と
B29が飛んでいたと思うとぞっとしますね。
青い空は素晴らしいと思います。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM